まるわかり!スポーツクラブ入門ガイド

ホーム > スポーツクラブについて > スポーツ中のケガを防止するために気を付けること

スポーツ中のケガを防止するために気を付けること

スポーツをしていれば全くケガをしないなどということはありえません。

普段の生活とは違う動作をすることで体に無理がかかることで発生します。

スポーツを楽しむためにはもっとできるようになりたいとか負けたくないなどの気持ちが生まれるはずです。

結果として、無理な体勢になったり、過度に負荷がかかったりとケガにつながる動作をすることになります。

場合によっては、回復が困難なほどの大きなケガにつながることもあります。

原因を理解して、避けるように準備することで大きなけがをすることはなくなります。

どのようなスポーツも使うのは体の部位です。

自分の体を理解し、その範囲で動かすことが予防につながります。

無理をせずに楽しいと思える範囲で行ってこそスポーツと言えます。


自分のできる範囲をしっかり確認するそれぞれのスポーツには、決まった動作があります。

その動作が理想的にできるようになることが、上手くなるということです。

たいていの人は目で見て理解した動作と実際に行う動作がずれているため思ったとおりになりません。

結果として、そのずれがケガにつながることがあります。

まずは自分の動かしている手足が考えているとおりに動いているかを確認し、イメージと違うようなら調整を行います。

この調整を行うだけで上達のスピードが変わってきます。

また、しっかりと管理できた動作はケガを防止することにもなります。

超えられる段差なのか、手がとどくところなのかなど頭で考えていることがそのまま体現できれば転んだり、ぶつかったり捻ったりすることはありません。

頭と体のずれの調整が最初に行うべきケガ防止です。


ストレッチにより柔軟性を高めるどのようなものでも硬いものは壊れやすいというのが常識です。

体についても同じ考え方が当てはまります。

硬い部分には負荷がかかります。

柔軟性のない筋肉は急発進、急ブレーキを繰り返すのと同じことです。

そのため、動く部分は悲鳴をあげます。

結果として、耐えられなくなった部分が肉離れや捻挫などのケガにつながります、
だから、スポーツを行う前のストレッチは重要です。

柔軟性を高めることで動く範囲も広がるため動きに幅をもたせることができます。

大きく動けるようなればなるほど、ケガにつながるリスクも低くなります。

スポーツ前に行うことで、筋肉や腱の動きをほぐします。

スポーツが終わったら、負荷のかかった筋肉や腱をほぐすためにストレッチを行います。

筋肉が柔らかくなることで衝撃に耐えられるようになりケガを予防することができます。

次の記事へ

カテゴリー